主婦アルバイト

主婦アルバイトの問題点

育児をしている間にアルバイトをしようと思っている主婦はたくさんいるものの、希望通りのものが探せないと言う声が聞こえてきます。
主婦が望むアルバイトの形態と、雇用する側が希望している内容に相違があるからです。
日々決まった時間がとれるのならやりやすいのですが、それができない場合には見つけにくいという状況があります。

子供が小学校もしくは幼稚園に行っている時間だけ働こうと願っている主婦が多くを占めています。
また、毎日は難しく、1週間に3日程度仕事できれば最適と思っている人はたくさんいます。
子どもが帰るまでに自分も帰れれば、寂しい思いをさせなくて済みますし、週3日くらいであれば家事との両立もできるということです。
そのうえ、すぐにフルタイムで勤務することに自信がないという人も多いのではないでしょうか。

本格的に社会へ戻ることを目標にまずはアルバイトをしてみようと考えている人もいるでしょう。
それが、アルバイトに対する主婦の考え方と、雇用者側の希望とにズレが出てきてしまうことになっています。

幼児がいると言っただけで、採用を見合わせるということも少ないことではないのです。
なぜかというと、子どもの風邪やイベントなどを理由に突然休むということをしてほしくないためです。

雇用側の立場を考えればやむにやまれることではありますが、毎回こういったことが起こると主婦がアルバイトをしたくても選択肢がなくなってしまいます。
特に、長期勤務で募集しているアルバイトにはこの傾向がよく見られるとされています。
同じような年代の子どもを育てている地元の主婦をメインに雇っている場合、同じタイミングで同時に休まれてしまうというリスクがあるのです。

また、子どもが家にいる夏休みにサポートがないことも主婦がアルバイトするのを困難にしていると言えます。