税金

税金

主婦のアルバイトを始めようと思う理由にはいろいろあります。
ご主人に迷惑をかけずに使えるお金を得るためだったり、家計を助けたい人などめいめい使いたいところが違うでしょう。
ところで、家計の足しにしたり貯金をする目的でアルバイトをするときには、税金に関する情報も知っておく必要があります。

1ヶ月2万円から3万円程稼げれば良いというなら、税金対策は必要ないでしょう。
心配しなければならないのは、意外と多くの収入を得たときです。
専業主婦の所得金額の多寡により、ご主人に課税される所得税の額が違ってくるのです。
多くの収入が欲しいからと懸命に働くと、税金が増えてしまい、結局残った金額がほんの少しということにもなりかねません。

これが、テレビなどでもよく聞く103万円の壁と呼ばれているものです。
専業主婦の収入が増えてしまうと、ご主人の所得に含まれていた控除が受けられなくなります。
このことで所得税が上がってしまいますし、さらに130万円を超えてしまうと国民年金や国民健康保険料の支払いも別になるのです。
国民年金は1年につき18万円はかかってしまうので、相当な出費となるでしょう。
毎月アルバイトでがんばった給料を使ってしまうと、来年の税金が多くなってしまいますので、うまく調節して勤務に入りましょう。

また、150万円以上の収入になると、所得税と住民税の支払いも自分で行わなくてはなりません。
このことから税金の支払い金額を変えることなく、家計の足しになるように上手に働くことが大切だといえます。